完璧ではないもの…①


『9月、真っ赤な曼珠沙華の花を見ようよ。

10月、金木犀の芳しい香りを思い切り味わおうよ。

粘ってください。会えること楽しみにしています』

私が最後に彼女に送信したメール。曼珠沙華の返事は桜・・・だった。

そしてお盆の最中に、彼女は逝ってしまう。

それは末期宣告を受けたにもかかわらず一切の治療を拒否した彼女が

いよいよダメと病院に運び込まれたあの夏の日からきっかり1年後のこと。

この1年の月日は見えざる存在から彼女に与えられたGiftの日々だったように思える。

それはある意味優しさに満ちたPresentでもあり、またある意味戒めでもある

Lessonの日々。『命の尊さと儚さ、人の心の優しさが身に染みた日々』と

彼女が繰り返し私に話してくれた遺言のような言葉がこの1年の慶びと苦しみを

物語っている。見えざる存在は、治療を拒否したからと言って早々簡単には

逝かせてくれなかったのだ。彼女なりの答えをきちんと捜し当てるまで暖かくも

厳しい日々を与えた・・・。

今までもそれなりの数の近しい人々を見送ってきた。ひとつひとつそれぞれ違った

別れの意味があり悲しみが存在したけれど・・・

彼女との別れ・・・というよりも、彼女の紡いできた物語の幕の下ろし方は・・・

何って言ったらいいのか・・・じわじわとじわじわとこの身に堪えてくるというか・・・。

何が悲しくて切ないかと言えば・・・26年前?27年前・・・出会った頃の私達は

まさかこんな別れが待っているなんて誰一人思わなかったことだ。

地方とは言え、それなりにそれぞれが華やかな場所をめざし、実際に人から見れば

華やかな存在であったあの若く未熟な私達は、こんなことになるなんて誰ひとりとして

想いもしなかった。会えばいつもはしゃいでいた。いつもPowerfulで恐いもの知らず。

お互いの夢を応援し合い、お互いの未来を真剣に考えていた。

「女の子ばかりなのに珍しいくらいバランスがよくていい距離感といい関係」

というのは私達のことを自慢に思っていた彼女の言葉。

27年経ても変わらなかった関係が大きな存在を失うことになるなんて・・・

誰も予測することは無かったのだ。

それは当たり前だけど・・・その当たり前のことがひどく切なくて悲しい。

いったい彼女の中にある何が彼女の人生と言う道すがらを決めてきたのだろうか・・・と

思う。

それでも、彼女の時間は物語は幕を下ろした。

『人生ってなんなんでしょうかね?』

と舞台の二人が会話する。

私は心の中で答える。

「それは完璧ではないもの。」と。

あるいは、それは答えになってないかもしれないけれど・・・

それでも私ははっきりとそう答えたい。

「人生は完璧ではないもの。もしも完璧な人生というものがあったとしたら

それはもはや完璧であるという意味において不完全。」

ん~ちょっと哲学的?

to be continued.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です