Diaryのように…⑨ 個人的なこと(4)

この数ヶ月を、タフに軽快に過ごすことができたのは…

両親の医療に関わるプロフェッショナルな方々の存在のおかげだと思っている。

医師、看護士、看護士長、ケアマネージャー、訪問看護士、訪問理学療法士、母の心臓外科手術チームの方々、主治医、麻酔医、看護士…

この度は、おしなべてみなさんプロフェッショナルな方々ばかりで、私はその存在に、何て言うのか…勇気付けられたとかではなく、彼らの姿勢と存在が私の心を大きく成長させてくれたような感覚とでも表現すれば良いのかしら…

理屈ではなくあっさりと何かのラインを越えることができたように思う。プロフェッショナルは気持ち良く力強い。プロフェッショナルは理知的でありながら暖かい。プロフェッショナルは余分な言葉は無いが的確に適切に言葉と行動を与えてくれる。

もっとも、医療に関わる人々なのだからプロなのは当たり前なのかもしれない。しかし両親と老猫合わせて15の医療施設に足を運んできた身としては、やはり時には何かしらの違和感を感じてしまうこともあったのだ。

…大きな勉強をさせていただいたと今目の前にある景色や私を取り巻く状況にある種の豊かさを感じている。

to be continued

 

 

Diaryのように…⑧ 個人的なこと(3)

酷暑真っ只中の8月半ばのある日。透析から帰宅した母が「今日はもしかしたら逝きかけたのかもしれない」などと笑いながら言った。

尋ねるとどうやら血圧が50まで下がったことが原因らしい。それからバタバタと総合病院へ心臓の検査に付き添うことになった。

検査の結果は昨年の12月よりも状態が悪くなっているので手術の必要があるとのこと。

そんな話を聞いても呑気にかまえていた私達母娘は、透析施設の主治医にとにかく早く手術の決心を固めるようにと呼び出され…

それならばここは慎重に病院を選ばなくてはと、知人などを頼って色々と調べた結果倉敷にある総合病院に辿り着いたのだ。心臓外科なら日本を代表するどころか、人によれば世界的だとか…

初診、検査、術前の検査入院、通院による検査…そして手術のための入院と瞬く間に日が過ぎていった。

通常なら手術の前日に入院すれば良いのだけれど、母の場合は透析をしているため体内の水分調整が必要なので5日前の入院。

父が心不全をお越して入院したりしたけれど、入院に至るまで私自身はある一定の心持ちで日々のすべてをこなすことができた。繰り返すけれど今そのことにとても感謝している。

そして母の手術は無事に終了。術後の回復も順調。ただし、やはり透析患者なので普通よりは一般病棟に移るまでに時間がかかるよう。

こんなこと本当に個人的過ぎて…やはり如何なものか?とここまで綴りながらも思っています。

ただ…これも繰り返すけど、すべてにおいて深く広い人生のお勉強をさせていただいたと言う思いが今とても強くて、そして感謝とおかげさまと言う気持ちで満たされていることは伝えたいと思う。

それは母の手術が成功したとからだけではなく酷暑の夏から始まって今日に至るすべての日々に感謝したいと…

長くなったので to be continued

Diaryのように…⑦ 個人的なこと(2)

確かに8月8日父が転倒した日から私自身の時間はピタリと止まってしまったのは事実。

途中幾度か少しまとまった時間が取れそうだと私自身の仕事に手を付けかけたこともあるにはあったけど、そう言う時に限ってまた別の用件が入ると言った具合だった。

無理をすれば自分の仕事もできなくはないけれど、何しろ無理の効かないお年頃に差し掛かっているので(笑)

また無理をすれば、肝心のことにまで支障をきたしてしまう。今は自分のことは一旦鍵をかけるしかないなと思うようになった。

私自身の健康も大切。健康を損ねてしまうとそれこそ未来とやらがますます霞んでしまうのだから。

それに、今のこういう状態が永遠に続くわけではない。これは紛れもない真実。それはいつかは永遠の別れが訪れると言うこと。お互いの命が永遠ではないと言うこと以上の真実はないのだから。

そう思えば目の前にある現実を丁寧にひとつひとつ処理するしかない。バランスのとれた三度の食事、清潔な住空間。ふたりの体調が落ち着くまでの適切な対処の数々。

もちろん、時間があれば私自身のことにも取り組む気持ちはある。

そう言うふうに思っているので、私はそれほど気持ちを片寄らせることなく、むしろとてもニュートラルな状態で淡々と平静に生活できている。

頭と心はクールに、行動はスピーディーかつ熱く…と言った感じです☺️

親戚や事情を知るわずかな友人達が心配したり気遣ってくれたりするけれど周りが思うよりもタフに過ごせていることに今とても感謝している。

to be continued

Diaryのように…⑥ 個人的なこと(1)

色々様々…人生勉強させていただく毎日。

今日もまた倉敷に向かう列車に揺れながらスマホに指を滑らせています。

前回は術前検査入院から一旦退院をする母を迎えに向かう車中。

じつは、あれから何度かこのpageをupしかけていたのだけれど…内容があまりにも個人的なことに片寄ったことなので、どうも文章にしづらく…下書き保存しては消去することを繰り返していた。

母が20日に退院したあと、食欲も戻り点滴にも通うようになっていた父が突然胸の痛みを訴え連休中日に病院につきそうと、やはり心不全と言うことでそのまま入院。熱中症で生活のリズムや体のバランスを崩してしまい、結果的に浮腫みがひどくなってしまったことが原因。

結局10日間の入院となった。その10日間を含む父の退院後の数日と母の術前再入院の日々は『高齢化社会』と言うものを実感し様々勉強させていただく日々。

心臓に大きな爆弾を抱える父の今後の生活について、主治医に呼び出される。看護師長に話しがあると呼び出される。ケアマネさんと訪問看護士さんとの打ち合わせ、そうこうする内に退院後の通院2箇所。母の術前検診が2度。私のschedule帳は二人に関わることでほぼ毎日埋まった。

しかし、なるほどと納得したり感心したりすることばかり。

母が再入院するまで1日だけあった完全オフの日は夏前からの約束を果たすべく友人とのランチのため広島へ。いい感じの息抜き🎶

とこんな感じの極めて個人的なことをとりあえず綴ってしまうので如何なものかと私自身思ってしまうわけです。

もうすぐ倉敷。to be continued